« やはり!MotoGP #1 カタール | トップページ | ヴァン ヘイレン テレビ中継 - 殿堂入りセレモニー動画 »

2007年3月13日 (火)

サディスティックなTAKANAKAも、

なかなかイイですよ。


SADISTIC TAKANAKA Music SADISTIC TAKANAKA

アーティスト:高中正義
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2006/11/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する


先週サディスティック・ミカバンドの復活ライブを観てきたことは、こちらに書いた通りで、ライブ後の恒例で iPodにミカバンドのプレイリストを作って日々聴いている毎日です。ただ、個人的にはミカバンドファンというよりは「高中ファン(師匠!)」というのが正直なところなので、オリジナルのミカバンドの音源ばかりだと少々テンション緩む瞬間もあったりするわけです。

そこで"黒船","NARKISSOS"の2枚に"SADISTIC TAKANAKA"加えてみました。

SADISTIC TAKANAKAは、昨年の10月に行われた"高中正義 Super Live 2006"のステージを収録したライブテイクのスタジオ編集盤で、収録曲は1曲を除き全てミカバンドのナンバー。中でもアルバム"黒船"のA面が完全再現されているのが涙ものなんですが、超豪華なサポートメンバーが参加しているのも涙もの。

野呂一生は黒船A面パートに全曲参加。「タイムマシンにお願い」の後半では高中とギターバトルを繰り広げていたり、他にもパーカッションの斉藤ノブ、ピアノ小島良喜の凄まじいグルーヴ感のプレイが聴けるなど、聴き所に欠かない仕上がりの1枚となっています。

で、その3枚をiPod Shuffleに入れてシャッフル再生するとかなり楽しい。

ヴォーカルが全部高中によるボコーダーっていうのもコンサートの時はちょっと厳しいかと思って観ていましたが、CDで聴いてみると意外に違和感はなく、新旧のミカバンドの間のギャップを適度に埋めてくれる感じでなかなか良い感じに聴こえてくるから不思議です。iPodってシャッフルモードにすると、たまに同じタイトルの曲が連続してかかるようにプログラムされているフシがありますよね。それがこういうパターンのプレイリストだと特にまた面白かったりして。


渋谷公会堂(残念ながらアルバムの音源には使用されず)のコンサート観に行ったけど、目の前で高中正義と野呂一生がバトルしているなんて、何だか夢か幻でも見ているような気分でしたよ・・・また観たいなあ。。。

|

« やはり!MotoGP #1 カタール | トップページ | ヴァン ヘイレン テレビ中継 - 殿堂入りセレモニー動画 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

高中+野呂なんていうのがあったなんて!誘いなさいよぉ。
今回、師匠を20年ぶりくらい?に見たけど相変わらずきれいで繊細な指してました。ああいう指からこういう音がでるのね~~。

投稿: minmin | 2007年3月13日 (火) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69939/5670184

この記事へのトラックバック一覧です: サディスティックなTAKANAKAも、:

« やはり!MotoGP #1 カタール | トップページ | ヴァン ヘイレン テレビ中継 - 殿堂入りセレモニー動画 »