« オールド インヂュニア IWC Ref.866A | トップページ | ダース・ベイダー鎧兜 »

2007年4月15日 (日)

バーゼル2007 ROLEX ミルガウスが復活!

 ロレックス最新情報
 2008年4月: バーゼル2008 ROLEX NEWシードゥエラー登場!
 2008年3月: ロレックス オーバーホール 4月より値上げ



今年のBASEL WORLDで発表されたロレックスのニューモデル。
これは賛否ありそうですが、ここ数年は比較的動きがあったとはいえ
他のブランドにくらべると地味な感は否めなかったロレックスにして
みれば大きな話題であることは間違いなし。

50年もの長期に渡ってその形をほとんど変えることのなかった
ロレックス オイスターがついに世代交代を完了させつつあるのは
寂しくも感じます・・・

ロレックス・スタイルを維持しながら、ビミョーにモダンテイストを
取り入れているあたりはさすが、と評価できるものだと思うのですが、
これでこの先の50年を乗り切れるものなのかと考えると疑問も感じて
しまうというのも正直なところ。

今どき50年も先を考えてプロダクトをデザインするなんて
有り得ないのかもしれませんが、、、
ROLEXというモノにはそうあってもらいたい、と思ってしまいます。

というわけで、今年の新作

まずはオールステンレスのGMT-MASTER II
金ムク、コンビに続いてついに登場。
リシェイプされたケースとブレスにセラミックベゼルと
伝統ある時計の正常進化形として無難な仕上がりです。
しかしGMTマスターといえば、やはり赤/青ベゼル。
いつ発売されるんでしょうね?

Basel2007_gmt1

Yacht-Master II は、ヨットマスターの名は付いているものの、
レガッタ競技用のクロノグラフを装備した全くのニューモデル。
あまりにもROLEXらしくない時計ではありますが、
これで体育会系のヨットマンでも満足できる時計になれるかも?

Basel2007_ym4

そしてこれが今回の本命。

ついに耐磁時計ミルガウスが復活! しかも稲妻秒針まで!!
グリーンのサファイア風防&3・6・9時インデックスがオレンジ色に
なっているモデルは限定モデルの模様。価格は70万円前後になる様子です。
このスペシャルカラー(?)は今ひとつですが、公式サイトで見ることが
できるレギュラーのブラックダイヤルモデル、昔のミルガウスを彷彿
とさせる雰囲気があってなかなかそそられます。

日本への入荷時期はいつになるのか?

Basel2007_milgauss


各モデルとも、すでにロレックスの公式サイトで詳細が確認できます。

GMT-MASTER II
YACHT-MASTER II
MILGAUSS


そして、オイスター・パーペチュアルのラインも・・・

AIR KING (クロノメーターになってるし.)
PERPETUAL (WGベゼル付きのモデルとか出てるし..)
PERPETUAL DATE (ダイヤ入り文字盤とか出てるし...) 

うーん、微妙です。
エアキングの新しいダイヤルデザインは論外ですが、その他も
ロレックスのスタンダードモデルとしては豪奢過ぎるような気が...
このシリーズは今のままで残してほしかったと思うのですが。


 
 

|

« オールド インヂュニア IWC Ref.866A | トップページ | ダース・ベイダー鎧兜 »

「時計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69939/6114976

この記事へのトラックバック一覧です: バーゼル2007 ROLEX ミルガウスが復活!:

« オールド インヂュニア IWC Ref.866A | トップページ | ダース・ベイダー鎧兜 »