« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の7件の記事

2007年6月27日 (水)

ミニ・マグライトが立体商標

Minimaglight へー。これはニュースです。

とことんシンプルなマグライトのデザインが立体商標登録を認められるとは。

きっと担当裁判官が目の肥えた方だったのでしょう。

我が家にも数本ありますが、一度手にしたら手放せない名品です。このコンパクトさにして驚くばかりの明るさと遠方到達性、さらに防水性も確保しているなど、AAモデル(単3×2本)一本持っておけば、日常生活から夜間の犬の散歩、キャンプに夜釣り、もちろん非常時も 懐中電灯で困る事はまずないといっても過言ではないもの。

記事によると今回の判決には過去の販売実績がポイントになったようですが、裁判官の心のどこかに、いわゆるカタチとしてのデザインだけでなくその機能を含めたプロダクトデザインは評価されて然るべき、という気持ちがあったのではないかと・・・

MAGLITEは最近LEDモデルも発売されましたけど、ヘッドの部分が従来品より長くてちょっと違和感あり。(こちらは立体商標の対象外?)

しかしLEDの明るさはやっぱりちょっと魅力的。

で、サードパーティから出ているノーマルモデルのLED化キットというのをチェックしてみましたが、新しいMAGLITEが余裕で買えてしまうくらい値段が高い・・・ま、ノーマル電球のアナログ的な柔らかい光も雰囲気があって良いし、従来モデルでも実用上困るわけでもないのでムリに改造する必要もないかと思ってます。→ マグライトを白色LED化するパーツを使ってみた

20年くらい前に初めて購入したブラックのAA(目のマークがない時代のもの)は、残念ながらバッテリーの液漏れでオシャカにしてしまいました。上の写真一番奥に写っているソリテール(単4×1本の超小型モデル)は、通勤カバンに入れて毎日持ち歩いています。

                ###

http://www.asahi.com/national/update/0627/TKY200706270357.html
「ミニマグライトはただの懐中電灯じゃない」 知財高裁
2007年06月27日20時08分 アサヒ・コム

 デザインや頑丈さが人気を集めている米国製懐中電灯「ミニマグライト」について、知財高裁は27日、「立体商標」としての登録を認めなかった特許庁の審決を取り消す判決を言い渡した。同庁は他の懐中電灯との形の違いを認めていなかったが、高裁は「従来見られないデザイン性を評価されている」として、登録を認めた。

ミニマグライトAA
 訴訟は、製造・販売している「マグ インスツルメント インコーポレーテッド」(米カリフォルニア州)が特許庁長官を相手に起こしていた。高裁によると、判決で商品の立体商標登録を認めたケースは初めて。

 判決は、ミニマグライトが84年の発売以来、一貫して同じ形をしている▽日、独両国などでデザイン賞を受賞し、米、独では美術館の永久コレクションとして保存されている——点などを列挙。「多数の商品が販売された結果、形は他社製品と区別する指標になっている」と述べた。

 立体商標は立体的な形状に認められ、不二家の「ペコちゃん」などが代表例。新しさや独創性が求められる。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070627i214.htm?from=main2
ミニマグライトは独特の形状、知財高裁が立体商標認める
2007年6月27日21時48分  読売新聞

 世界各国で販売されている懐中電灯「ミニマグライト」シリーズの立体商標登録を巡り、製造元の米国企業、マグ・インスツルメント社が、特許庁を相手取り、登録を認めなかった審決の取り消しを求めた訴訟の判決が27日、知財高裁であった。

 飯村敏明裁判長は「長期間、多数販売された結果、消費者は形状だけで他社商品と識別できるようになっており、商標登録を受けることができる」と述べ、審決を取り消すよう命じた。
 立体商標は、独創的なデザインなど商品の形だけで他の商品と区別できる場合に認められるが、過去の販売実績を理由に立体商標を認めた司法判断は初めて。
 同社は2001年1月、「ミニマグライトAA」など2種類の立体商標の登録を出願したが、特許庁は「独創的とはいえない」として、登録を認めなかった。
 これに対し判決は、〈1〉1984年の発売開始から一貫して同じ形状を維持し、日本国内だけで年間50万本以上が販売されている〈2〉大規模な広告宣伝を行い、国内外でデザイン賞を受賞している——ことなどから、「消費者が他社製品と識別できる機能を獲得した」とし、立体商標の登録を認めるべきだと判断した。
 特許庁の話「裁判所の判決を尊重して、再度、審理をやり直したい」

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2007062700774
小型マグライトの立体商標認める=「長年販売、形状で識別可能」−知財高裁初判断
2007/06/27-18:21 時事通信

 小型の懐中電灯「ミニマグライト」を製造販売する米企業「マグ・インスツルメント・インコーポレーテッド」が、同商品の立体商標登録を認めなかった特許 庁の審決を違法として、同庁長官を相手に審決取り消しを求めた訴訟の判決で、知財高裁(飯村敏明裁判長)は27日、「長期間にわたり多数販売された結果、 商品の形状で他社製品と区別できる」として、審決を取り消した。
 立体商標は本来、独創的な形状を対象としているが、独創性に欠けても長期間の販売や広告宣伝を通じ、消費者が製品の形状からどこの商品か識別できると判断されれば、登録が認められる。知財高裁によると、立体商標を認めた判決は初めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

この速さ本物・・・ MotoGP #8 イギリス

Gbr_motogp1ウェットコンディションにもかかわらずこの安定した走りで、最終的には2位以下を11秒以上も引き離しての優勝。

ロッシも認めたようですが、これはやはり本物でしょう・・・



Gbr_motogp2

今シーズン8戦目にして5勝です。

以上。

イギリスGP決勝リザルト - motogp.com

イギリスGP最終予選結果 - motogp.com


追伸:第15戦ツインリンクもてぎのチケット発売開始

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

au with Van Halen

1984テレビからヴァンヘイレンのJumpが流れてきたと思って見たら、auのCM!

今のところ「ファッション検索ウィンドー篇」しか目にしていませんが、auのサイトで確認したら、どうも5パターンもあるようで。 http://www.kddi.com/ad/index.html

シンセサイザーのリフが爽やかな夏のイメージ?
真夏には、ちょっとヘヴィに"Panama"でもハマりそう。
auさん、やってくれませんかね。
(やはり"真のヴァンヘイレン サウンド=Jump"ではないので)

でも"1984"って発売されたのが冬だったので、自分の中では冬のイメージが強いアルバムだったりします...

talby5150 ちなみにauユーザーです。

全然話は変わりますが、ここ2年くらいauの端末はちっとも良いのがない。

ドコモはおろかSoftBankにまで完全に遅れをとっているこの状況はどうしたもんか。。。

新しい端末には好みのものがないので古いの使ってますが、ぜひストレート型の新型を出してほしい。少なくとも薄型の新ラインナップは、早いうちに揃えてくれなきゃ。

お願いしますよ、KDDIさん。

   1984年発売のアルバム"1984"より。
   Van Halen "Jump"

   "真のヴァンヘイレン サウンド"(ほんの一例ですが)を聴きたい方はこちらを。
 同じくアルバム1984より"Panama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

3強時代の幕開け? MotoGP #7 カタルーニャ

ムジェロでの現地観戦の興奮も醒めやらぬ中、翌週末スペインで開催された第7戦。(この日程ならハシゴ観戦も不可能ではなかったかと思ったりしますが・・・やっぱり無理か...)

Catalunya_motogp実に見応えのあるレースでした。

ドゥカティのケーシー・ストーナー、ヤマハのバレンティーノ・ロッシ、そしてホンダのダニ・ペドロサ。最終ラップまでまさに手に汗握るという言葉が相応しい大バトルを展開。

前戦ムジェロに引き続いてのヤマハの復調、そして今回のホンダ復活の兆し(ようやく新型マシンが完成したようで。)で、先行するドゥカティにストップをかけるべくこの先のシーズン展開も面白くなりそう。
ここ2戦の走りを見て、序盤戦の不調で感じていたロッシの翳りも吹き飛んだ感があります。とはいえ、今回のストーナーは実力で優勝をもぎとった感があるので、ロッシのタイトル獲得について全く予想がつかない状況には変わりなし。また、そのストーナーは2008年までドゥカティとの契約を延長したとのこと。 

カタルーニャGP決勝リザルト - motogp.com 

カタルーニャGP最終予選結果 - motogp.com


Catalunya_125 そして、125ccクラスでは、コヤマックスこと小山智良選手の初優勝!

ムジェロで本人にお会いしたばかりだったので感激もひとしお。これを機にぜひ表彰台の常連になってほしいものです。

おめでとうございます!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

現地レポート(3) 帰路編 MotoGP #6 イタリア

 決勝編からの続きです。


「決勝を最後まで席で見ていると、コースに向かって来る人の波で歩けなくなるので早めに戻ってくるように。集合時間に5分遅れると宿に戻るのは3時間遅くなりますから!」

そんな現地の送迎ドライバーの言葉を信じ、決勝終了と同時に席を立ち、出口へ向けてダッシュ。

Mugello_19
途中横目に見るイタリアン達は、興奮状態でコースになだれ込み、あっという間にコース上は人で埋め尽くされていました。

Mugello_20
何しろロッシの快勝でしたからねー。
残念ながら生で見ることはできませんでしたが、コース上での優勝パフォーマンスは何をやったんでしょうか?

さてさて、現地ドライバーが言うほどではありませんでしたが、ここから先が結構大変。
Mugello_21
まず、日本では全く想像も出来ないことですが、場内の交通整理とか案内をするスタッフというものが全くいません。キャンピングカーもバイクも、そして歩行者も入り乱れ、ご覧のような状態です。

それに所々に場内の案内図の看板はあるものの、出口ゲートの詳しい情報や駐車場の位置などは、全くどこにも案内ナシ! もてぎのようなレース当日専用の誘導マップの配布なんて望むべくもありません。

入場時に駐車場からシャトルバスに乗ったりしたので、戻るべき場所の方向がよくわからず、かなり困りました。ただ幸いそれは前日の予選日の話で、出口へのルートはその時確認済みだったので、決勝日は多少時間はかかったものの予定の集合時間には集合場所に着くことができました。

Mugello_22

しかし、迎えのクルマが全然来ない・・・↑はもちろん送迎車ではありません。。

既に道路は大渋滞で、どうやら駐車場まで上がってこられない様子。
ま、こうなったら気長に待つしかありませんな、とツアーの参加者一同路肩座り込んで待ってました。

Mugello_23
おっと!
キャンギャルかと思いきや地元のロッシファンでした。こんな光景も本場ならでは?

そして予定の時間から30分以上遅れて何とか迎えのドライバーと再会。
無事クルマには乗り込んだものの、これがまた全く車が進まず度々エンジンを停止して待機するほどの大渋滞。

Mugello_24
交差点ではいちおう警官が交通整理してたりするんですが、これがまた要領が悪くてどうしたもんか・・・ あまりに動かないのでクルマから降りて、道路の脇で休んでいる人なんかもいました。

Mugello_25
そして、サーキットを出てからおよそ3時間半、戻ってきましたフィレンツェへ! 写真は、夕暮れの(とは言っても夜9時近く)ベッキオ橋です。

Mugello_39
この後は街にくり出し、ささやかながらロッシの勝利に祝杯を上げたのは言うまでもありません。

Mugello_26
翌日の地元紙の一面を飾るロッシ優勝の記事。

以上、2007年 モトGP イタリアグランプリ海外観戦 現地からのレポートでした。

             ###

今回はこちらの旅行代理店に諸々の手配をお願いしたのですが、大手の旅行会社ではまず期待できないようなレースファンのリクエストにも色々と細かく応えていただき、いかにもイタリアンな陽気な現地ドライバーさんも楽しませてくれ、とても充実したツアーでした。(一応ツアーではあったもののほとんど個人旅行のような状況でしたが.... 一緒に参加されたOKさん本当におつかれさま&ありがとうございました!)

             ###


Mugello_27

最後の写真は??

これは、フィレンツェの北、ボローニャにあるドゥカティの本社工場です。
この話はまた後日ということで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

現地レポート(2) 決勝編 MotoGP #6 イタリア

 予選編からの続きです。

そして翌日曜日、決勝の日を迎えました。

パドック内の光景もそうですが、これこそは日本では見られない本場のGPスタイル!
Mugello_07

Mugello_08

コースサイドにキャンピングカーを横付けにして皆思い思いにグランプリウィークを楽しんで過ごしています。

しかし、噂には聞いていましたが、さすがラテン系の国イタリア。

Mugello_09
巨大なオーディオアンプとスピーカーを持ち込んで、大音量で音楽を鳴らしている人、

Mugello_10
発電機装備でテントの中に家庭用の冷蔵庫を設置している人、

Mugello_11
目的は全く不明ですが、小型のエンジンを単体で持ち込んでブンブン鳴らして歩き回っている人(前にノリックがテレビの解説で話してましたね。 地元民も逃げてます・・・)

などなど、日本とはかなり状況が異なります。

Mugello_12 
はなからウケ狙いなんでしょうが、こんなものを持ち込んでいる人も。
狙いどおりイタリア人も足をとめて写真撮りまくっていました。


Mugello_13

しかし、そんな陽気な雰囲気とは裏腹に、昨日の大雨のせいでサーキット周辺はいたる所でご覧のような状況。このドロドロの光景を見て87年鈴鹿の日本GPを思い出してしまいましたが、そんな状況にもめげずにノリノリなのはさすがイタリア人といったところでしょうか。

125cc、250ccクラスと白熱した決勝レースが終わり、いよいよMotoGPクラスの決勝のスタートが近づいてきました。

Mugello_14_1
毎年の恒例になっているロッシの地元イタリア戦スペシャルのAGVヘルメット。今年はでっかいハートマーク付き。

言うまでもなくロッシは圧倒的な一番人気、スタンドでもコースサイドでも見えるのは46・46・46・46・46・・・場内のモニターにロッシが映し出される度に観客はものすごい歓声で地元のヒーローを迎えます。
一方ヘイデンのピット映像が映し出されると、一斉に大ブーイングが・・・昨年のあまりに劇的なタイトル奪還劇の影響もあるんでしょう、きっと。。。

Mugello_14
スタート直前、緊張の一瞬です。

Mugello_15
序盤は、ポールポジションからスタートしたケーシー・ストーナーとチームメイトのロリス・カピロッシがワンツーで独走の体制。ホームストレートで観ていると、ものすごい爆音とともに本当に弾丸のようなスピードで走り抜けて行きます。

うーん、これはまたしても・・・ いや!?!?

Mugello_16
スタートでやや出遅れたロッシがグングン追い上げ、数周後にはあっさりとトップを奪ってしまいました。

Mugello_17
そうなると当然観客席はやんやの大喝采でしたが、そのまま2位のダニ・ペドロサ以下を引き離し、余裕のトップでチェッカー!!

いやぁ、これは本当にイタリアまで見に来た甲斐があったというもの。。。
決勝は天気が崩れることもなく、最高の結果で幕を閉じた2007年のイタリアGPとなりました。

 イタリアGP決勝リザルト - motogp.com

 → 帰路編に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現地レポート(1) 予選編 MotoGP #6 イタリア

今ローマにいます。現地より速報のはずが回線不調のためネットに接続できず、今ごろになってしまいました・・・いちおうまだ現地イタリアからということで、記事upします。

Mugello_01 宿泊地であるフィレンツェから車で北に1時間ほど行くと、雑誌やビデオで度々目にしていたヘルメットの形をしたゲートオフィスでおなじみのムジェロサーキットに到着。

ちょっと感動です・・・なにしろ、長年の夢だった本場でのコンチネンタルサーカス観戦がついに実現するのですからっ!!

今回は6月2日 土曜日の予選から観戦しました。天候はあいにくで、朝のうちは曇りだったものの、昼が近くなる頃には雨がぱらついてきてしまいました。

Mugello_06_1

Mugello_29
今回はパドックにも入ることができたのですが、巨大なヨーロッパのチームトレーラーやモーターホームが連なって停まっている光景は、正にコンチネンタルサーカスの世界!!

Mugello_28

Mugello_32
各チーム毎に設置されているチーム関係者用のホスピタリティスペースも、レースウィークの数日間のためのものとは思えないほど、本格的な設備で作られています。

Mugello_38
パドックで最初に遭遇したのは、リズラ・スズキのクリス・バーミューレン
記念撮影にも快く応じてくれ、普段テレビ中継で見るよりも落ち着いた感じでした。

Mugello_02
そして午前中のフリー走行前にモーターホームから出てきたバレンティーノ・ロッシに遭遇!

あっという間にイタリア人のファンに取り囲まれ、馴れ馴れしく肩に手をかけられ写真を撮られていました。自叙伝でも「イタリア人のファンは馴れ馴れしいのでイヤ。」とか書いていましたね。全くその通りの光景が目の前で展開されてちょっと苦笑。(ロッシ君、目が笑っていません!)

Mugello_03
こちらは、フリー走行を終えて上がってきたレプソルホンダのニッキー・ヘイデン。ここでもイタリア人は馴れ馴れしく、一般人のファンがなぜか携帯電話のマイクを向けてインタビューを始める一幕も。(左の人、喧嘩売ってます...?)

Mugello_42
KTMから125ccクラスに参戦している小山知良選手
(追記:カタルーニャGPの初優勝本当におめでとうございます!!)
そして、1993年250ccクラスのワールドチャンピオン 原田哲也さんもムジェロを訪れていました。

Mugello_36
最終予選出撃のためパドック内をスクーターで爆走するアレックス・バロス
プライベーターとしてWGPに参戦していた頃から見ていたライダーなので、こうして20年近くも現役で走っている姿を見るのは妙に感慨深かったりします。
決勝での走りも実に見事でした。

Mugello_34
雨宿りしている間にレプソル・ホンダのアルベルト・プーチ監督を目撃!!

そして午後になると、いよいよ最終予選の開始。
ここからはグランドスタンドに戻って観戦。

Mugello_04

ウェットコンディションの中を疾走するロッシ選手です。

しかし、イタリアでのロッシ人気は本当に凄いものがあり、タクシーの運転手、ホテルのスタッフ、ガイドさん、誰に聞いてもその名を知らない人はいません。

「レースについてはあまり詳しくないんだけど、バレンティーノは最高。ナイスボーイだよ!大好きさ!!」と、皆口を揃えたように言っていました。

ライダーとしての実績だけが評価されているのではなく、キャラクター的にも誰からも好かれ大人気という感じ。

Jlc_rossi
フィレンツェの時計店ではこんなものを発見。スイスの名門 ジャガールクルトのマスターコンプレッサークロノグラフ「46」ロッシモデル。日本での価格は120万円也。
わざわざYZR-M1のミニチュアを並べて飾っているあたり、時計店のオーナーもきっとロッシファンなんでしょう。

閑話休題。

Mugello_05 

予選の間にだんだん雨が強くなり、ご覧のような状態に。
今回、125cc、250cc、MotoGPと全てのクラスの予選中に大雨が降ったり止んだりという不安定な天気となりました。
予選結果は、DUCATIのケーシー・ストーナーが1位でポール獲得。バレンティーノは3位。やはり今回もドゥカティが来てしまうのか!?

ちなみに、イタリアでは日本でのGPとは違って予選日でもスタンド席には観戦券を持っていないと入ることができません。チケットのチェックも結構厳しくやっていました。

予選の観戦を終え、フィレンツェに戻ったこの晩は、現地ドライバーさんの案内でフィレンツェ料理店に繰り出して有志メンバーと前夜祭。トスカーナワインを味わいつつ、翌日の決勝に思いをはせる一夜となりました。

Mugello_41
写真は名物のビステカ・アラ・フィオレンティーナ (フィレンツェ風Tボーンステーキ) フィレンツェ訪問の際にはぜひお試しを。Let's Try!  (Pay it yourselves!!)

 イタリアGP最終予選結果 - motogp.com

 → 決勝編に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »