« 外来魚=害魚論についての一考察 | トップページ | ナイト・レンジャーとMotoGPの関係 »

2007年7月25日 (水)

地元勢全滅の MotoGP #11 アメリカ

今週月曜の朝(5:30〜)の生中継を見た後、寝不足状態のまま出勤。
そして3日間が経過。レース結果のせいもあり、ブログ更新するのをすっかり忘れてました・・・

ウォームアップ走行の1シーンロッシは力の限り目一杯で走るも4位、年間ランキングトップのケーシー・ストーナーがポール トゥ ウィンを決め、今季6勝目で、そのポイント差を44に広げられる結果となってしまった。

気の毒なのは、昨年のタイトルホルダー、ニッキー・ヘイデン。

ようやくホンダRC212Vがトップ争いの出来る状態に仕上がったと思ったら、アメリカ人同胞ジョン・ホプキンスに追突され、母国グランプリをリタイア=ノーポイントという結果。

地元勢最高位は、何とカワサキからスポット参戦したロジャー・リー・ヘイデン(ニッキーの弟!)の10位、GPレギュラーメンバーではコーリン・エドワーズの11位というかなり寂しい結果となってしまった。

次戦チェコまでおよそ1ヶ月のインターバル。
さてさて、その間に何か動きがあることを期待するとしましょう。

アメリカGP決勝リザルト - motogp.com

アメリカGP最終予選結果 - motogp.com

話は変わって来シーズンのチーム体制のお話。

今年は何だかずいぶん早いように思いますが、来年のライダー移籍を正式発表するチームがちらほら出てきました。

 ジョン・ホプキンス  SUZUKIワークス >>> KAWASAKIワークス
 マルコ・メランドリ  HONDAサテライト >>> DUCATI ワークス
 ホルヘ・ロレンツォ  APRILIA 250cc >>> YAMAHAワークス(MotoGP)

ロレンツォの最高峰クラスステップアップ&ヤマハワークス入りは、決まるべくして決まったという感じではありますが、ヤマハワークス残留が決定しているロッシとどういう共存体制になるのか気になりますね。

ろれんつぉ 250ccクラス敵無しで波に乗りまくっているロレンツォと、ヤマハ(というかMotoGPシーン全体)にとって依然として大きな存在であるバレンティーノ・ロッシ。
もしこの2人がチームメイトという形になった場合、チームの運営がスムーズに行くのかには少し疑問が残る。

別チームで純ワークス2チーム体制とか、同じチームでも実質別動の2チーム体制というのも充分有り得るんではないかと思ってます。

|

« 外来魚=害魚論についての一考察 | トップページ | ナイト・レンジャーとMotoGPの関係 »

「MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69939/7277011

この記事へのトラックバック一覧です: 地元勢全滅の MotoGP #11 アメリカ:

» ドゥカティーのモンスター400 [ドゥカティバイクの魅力]
ドゥカティーのバイクの中でも最近特に人気が高いのが『モンスター』シリーズです。その中でも特にモンスター400が人気が高いです。これは恐らく、モンスター400意外だと大型免許が必要になるためだと思われますが。ドゥカティーに限らず外国製のバイク全般に言えることなん...... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 15時02分

« 外来魚=害魚論についての一考察 | トップページ | ナイト・レンジャーとMotoGPの関係 »