« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の8件の記事

2008年3月29日 (土)

ロレックス オーバーホール 4月より値上げ

Oyster15200 4月1日から日本ロレックスでのオーバーホール料金が値上げされます。

昨日、前回のOHから10年くらい使い続けていたオイスターをオーバーホールに出しに行ったところ、カウンターに小さな修理料金改定告知の掲示が。


中3針カレンダー付きモデルの基本料金が
33,000円から43,000円になるとのこと。

実に30%もの値上げsign03


確かにロレックスのメーカー修理料金は他ブランドに比べて割安ではあったのは事実なのですが、いきなり同等になってしまうとは・・・

「かかる手間は同じ」という理屈もあるでしょうが、流通している数がハンパでなく多いROLEXだからこそ維持できる大規模なメンテ体制、そして「低めの料金設定」はロレックスの大きなウリのひとつだったと思うのですけれどね。

機械式時計の購入を考えている知人などにも、ここはロレックスの良い点として必ず勧めていたところなんですが、これでそれもできなくなってしまうな。。。

来週の月曜日(3月31日)までに修理に出されたものは旧料金が適用されるとのこと。残りあと1日、間に合う方は急いで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

MLB開幕第1戦 レッドソックス vs. アスレチックス

再びやってきました、東京ドーム。
Mlb_open0325_01

MLB 2008シーズン開幕戦
ボストンレッドソックス VS. オークランドアスレチックス 第1戦
Mlb_open0325_02

始球式は元総理大臣の森さん。
Mlb_open0325_03

Wally
遠目に見ていると、なんだかレッドソックスのマスコット WALLY君みたいです。

イベントに参加するのもいいけど、ちゃんと仕事もしてくださいね!
日本は色々と大変な時なんだから。。。






事前の発表通り先発投手は、松坂大輔選手!
(2階スタンドのほとんど最後列の席からだったので、さすがのR7の高倍率光学ズームでもかなり苦しい)
Mlb_open0325_04
Mlb_open0325_05

この日の立役者、ラミレス選手
(光学7.1倍+デジタルズーム×2.0倍で撮影)
Mlb_open0325_06

超満員の東京ドーム。
Mlb_open0325_07


会場で配布されていたアメリカ式応援グッズ、アルミフィルム素材の風船です。2本セットになっていて、それをバンバンと打ち付けて独特の音で場を盛り上げます。スポンサーのRICOHさん、ぬかりなく発売されたばかりのデジカメR8の広告入れてます。(まあ広告効果のほどはさておき。)
Mlb_open0325_08


密かに注目してしまったのが、RedSoxのジャコビー・エルズベリー選手
注目の理由は、背番号が"46"(ロッシと同じ) そして登場のテーマ曲がヴァン・ヘイレンの"Unchained" だったから。野球ファンの皆さんごめんなさい。
この日の守備では外野フェンス直撃コースの打球をジャンプして空中キャッチするファインプレーもみせてくれました。
Mlb_open0325_09


しかし、プレシーズン戦に引き続いてこの日も試合は長かった・・・

開始から3時間経過してようやく9回。
レッドソックスの攻撃で同点に追いつき、そして・・・ついに岡島が登場!

7〜8回あたりの時点の試合展開をみて結果に見切りをつけたのか、はたまた帰りの電車を気にしてなのか、席を離れて帰り始める人がポツポツと増え始めていた所での登板でした。
Mlb_open0325_10
この日も1イニングだけでしたが、期待を裏切らない投球で東京ドームは大盛り上がり。 無失点に抑えこの日の勝ち投手に!
Mlb_open0325_11


ワンセグで同時観戦を試みてみました。

家の地デジもそうですが、デジタル放送ってリアルタイムから数秒遅れるんですよね。この携帯では2秒くらいズレる感じでした。
なので、テレビばかりに注意が行っていると実際の場内の進行から完全に取り残されてしまいます。 ま、当たり前なんですが現場では生の光景を見るようにして、プレーに展開があった時のリプレイとかベンチの様子とかをワンセグでチェック、というのスポーツ会場での正しいワンセグの使い方ですね。
Mlb_open0325_12

そんなわけでこの日の試合は、松坂の先発・岡島の登板、点を取られたら取り返すの緊迫した試合展開、最終的にレッドソックスの勝利。と言うことなしの内容でした。
たまには野球も楽しいもんですな〜〜 baseball baseball baseball


リコーのコンパクトデジカメに興味を持った方はこちらもどうぞ!

RICOH デジタルカメラ R8 R8BK CE RICOH デジタルカメラ R8 R8BK

販売元:リコー
発売日:2008/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

MLB開幕戦 プレシーズンゲーム 岡島登板

日曜日、東京ドームに行ってきました。
Mlb_pre0323_01

   '08リコーMLB開幕戦 プレシーズンゲーム
 読売ジャイアンツ vs ボストン・レッドソックス戦

     Mlb_ricoh_logo
Mlb_pre0323_02
Mlb_pre0323_03

自分でチケット買って野球を観に行ったのは多分初めてかも。

7回の裏、岡島投手が登場!
Mlb_pre0323_04
Mlb_pre0323_05
Mlb_pre0323_06
本当に前見てないですね。

岡島選手が登板したのは9時15分過ぎていたので、テレビ中継は終ってしまった後でした。1イニングだけでしたが生で見ることができて大満足。

Mlb_pre0323_07
普段野球は見ないのでそんなものなのかもしれませんが、何だかスローペースな試合展開で9回裏で試合終了したのは、10時20分でした。

来週のメジャー開幕本戦も観に行ってきます!


ところで今回の写真は、東京ドームの2階スタンド席からリコーのコンパクトデジカメCaplio R7で撮ったものですが、このカメラかなり使えます。
高級コンパクト風にグレードアップされたR8(これもいいな〜)が登場して型落ちモデルとなってしまったR7ですが、R8と本質的な機能にほとんど差はなく、この小さなボディに8メガピクセル&7.1倍光学ズーム(このズームがかなり強力!)そしてリコー機の特長ともいえる自然な画づくりは、歴代のコンパクトデジカメの中でもトップクラスの総合性能であることは間違いないでしょう。

気になっていた方は、手に入るうちにぜひ。
(偶然にもリコーがMLB開幕戦の冠スポンサーですが、別にそれでヨイショしているわけではないので、念のため。)

【送料無料】リコー デジタルカメラ Caplio-R7-BK(ブラック) 815万画素、2.7型ワイド液晶、光学7.1倍ズーム機能搭載 キャプリオ 【送料無料】リコー デジタルカメラ Caplio-R7-BK(ブラック) 815万画素、2.7型ワイド液晶、光学7.1倍ズーム機能搭載 キャプリオ
販売元:PCあきんど
PCあきんどで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

VanHalen 振替公演日程発表。

Vhofficial0319 日程変更となっていた17公演の振替日程が発表されていました。

4月19日のタイガージャム(タイガーウッズ主催のイベント)は予定通りの復帰で、その後4/24〜6/2にかけて元々予定のあった都市を回るスケジュール

まあ、本当に一時的なものだったのかどうか... 相変わらず予断は許されない状況とは思いますが。。。


ところで今日(現地時間)は、ランディ・ローズ 26回目のメモリアル デイ。
iPod Shuffleにランディ在籍時のアルバムをセットし、ヘヴィな通勤のひと時を過ごしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

ヴァンヘイレン 17公演がリスケ!

Vhofficial0310_1大変な状況になってきた。


4月19日までに予定されていた北米ツアー 17公演が中止され日程変更となってしまった。

先日3公演を延期して行われたドクターチェックの結果、医療措置を決めるための更なる検査が必要と判断された模様。

リスケジュールされる公演日程の発表は近日中に行われる予定、4月19日からは当初の日程通りでツアー再開、ということになっていますが、これは それまでにエディの抱える健康上の問題が解決するということではなく、プロモーター側による払い戻しとか 興行上の理由で取りあえずそのように決めただけと考えた方がよさそうだ。

どうやら今回の騒動の発端は、エディのステージ飲酒が原因でウルフガングとの間にトラブルが発生したというのが原因らしい。。。
9月からのツアー続行でちょっと飛ばしすぎたかという気もするけど、今回の再結成ツアーの成功要因と思っていた息子の参加が逆にこんなことになってしまうとは・・・

Vhofficial0310_2 ツアーデイトのページもチケットは販売中になっているにも関わらず、日付が外された状態に。

とりあえず今は向こうひと月の動向を見守るしかないか...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

カタールGP ◇ 2008第1戦

Qat2008 いきなりキター!!!!run

優勝はディフェンディングチャンピオン、ケーシー・ストーナーでしたが彼のことではありません。

ホルヘロレンツォ

MotoGPクラスのデビューレースでポールポジションを獲得した上、決勝レースでもいきなり2位表彰台獲得。

シーズンオフのテストではMotoGPマシンに慣れず苦戦していたという情報もありましたが、やはりただ者ではなかった。しかもタイヤはミシュランだし。
今シーズン ブリヂストンにスイッチしたロッシは5位に入ったとはいえ、今回のレース展開を見る限り全く精彩を欠いた走りだったと言わざるを得ないでしょう。

同じくMotoGP初参戦組のトースランドやドヴィチオーゾの走りも予想を上回るものがあったし、こんな展開があと2〜3レースも続くようであれば、いよいよ世代交代止むなしということなんでしょうか。まあ、まだ初戦が終っただけなので今後の展開を占うのはちょっと早すぎるかもしれませんが・・・

カタールGP決勝リザルト - MotoGP.com
カタールGP最終予選結果 - MotoGP.com

今回のカタール戦は2輪グランプリ史上初のナイトレースでしたが、1000基を超えるという照明に照らし出されるサーキットは、鈴鹿8耐やルマン24Hの夜間走行とは明らかに違う光景でちょっと幻想的な雰囲気でした。

それにしても世界選手権とはいえ、観客動員数がたった5,422人のレースに、ここまでの設備投資ができるとは・・・恐るべしオイルマネー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

日本の音楽業界よ、そろそろ目を覚ませ。

<一青窈>録音・録画OK 
異例のフリーライブに「一歩近づけた」

3月7日15時5分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000008-maiall-musi

歌手の一青窈さん(31)が7日、新アルバム「Key」の発売を記念して東京・六本木ヒルズで無料のミニライブを開いた。「多くの人に楽曲を知ってほしい」という一青さんの要望で、録音・録画を許可する異例の「フリーライブ」となり、約1500人のファンが、携帯電話やカメラを手に一青さんの熱唱に聴き入った。...

                                                  music music music

おお、これはすごい! 何と画期的な!!・・・notes ではない。

何を今更・・・そんなこと当たり前だろ、というのがホンネだ。

一青窈さんはいい。
このような試みにアーティストが率先して取り組むことは、大いに評価できることだと思う。


問題なのは、日本の音楽業界の著作権に対するあまりにも時代にマッチしない時代錯誤とも言える認識と行動だろう。

iTMSに代表されるような音楽のネット配信に対する取り組みを見てもそれは明らかだし、数年前に自信満々に導入しておきながら、大失敗こいて撤退を余儀なくされたコピーコントロールCD (CCCD)の例もある。

そもそも音楽に最も強く興味を持ち、影響を受けるのは10代20代の若年層。
日本のレコード会社の方々は、彼ら彼女らがどのようなプロセスで音楽に触れ、音楽ファンとなっていくのかを真面目に考えた事があるのだろうか?

その世代にしてみると、小遣いで欲しいCDを全部買うなんてことは到底ムリ。
それでどうするかというと、友達同士で違うアルバムを購入して貸し借りをするわけだ。そうやって沢山の音楽に触れ、その良さを知っていく。

そして成長していった少年少女はいずれ自分の欲しいと思うCDは自分で買う、という行動をとるようになる。そんなふうに音楽ファンを醸成していく重要な行動サイクルを断ち切るようなコピーコントロールCDなんて売れるわけがない。さらに時代はデジタルミュージックプレーヤーの普及と重なり、それで聴くことのできない音源なんて誰も買わないという状況に陥ったわけだ。

音楽はたくさんの人に聴いてもらってナンボである。
送り手側がわざわざ聴きにくい環境を作り出してどうなるというのか。

CCCDの販売を止めたからといって問題が解決したわけではない。
ヤマは越えた感はあるものの、ネット音楽配信やデジタル放送のDRMも問題山積だし、優れたアーティスを育て・世に送り出す努力をせず、ヘンな既得権の保護だけを考えて無駄にしたこの数年間のツケは、何年も後に大きなしっぺ返しとなって音楽業界に反ってくるのは間違いないだろう。



そして、今回の一青窈さんの録音・録画OKフリーライブも然りである。

日本のコンサートは、なぜあんなに厳しく撮影や録音を取り締まるのか?
素人が撮ったものがネットに流れたくらいで現実的に何の損失になるというのか?

コンサートの生録音源で満足してしまったファンが、オフィシャルのCDを買わなくなる??
まあ、あり得ない話である。そんな物を欲しがるファンは、オフィシャル盤は当然買う。それで飽き足らないからブート音源に手を出す、所謂マニア心理から来る行動に過ぎないのである。

ブートCD販売など、他人の権利で第三者が金銭的な利益を得ているケースはどうするんだという意見もあるかもしれない。
規制するからそういうビジネスが成り立ってしまうのである。
そんなことを考えるヒマがあるならば、オーディエンス音源のネット公開をアーティスト側が解禁し、誰でもタダで手に入るようにしてしまえばいい。タダで手に入るものにお金を出して買う人なんていなくなるだろう。

アーティストによっては自分が事前に確認して公認したベストのものしか出したくない、という人もいるかもしれない。が、プロたるもの見られるのが仕事。いつ誰に見られても恥ずかしくないパフォーマンスをみせるのが大前提だ。
もしそんなアーティストがいたらプロ失格である。



最近アメリカの音楽業界では「CDを売って利益を出すビジネスモデルは崩壊しつつある。」という考えが広まりつつあるという。CDはあくまで販促ツールと考え、CDを聴いたファンをコンサートに足を運ばせ、利益を上げていくというモデルが増えているらしい。(たしかにアメリカでのコンサートチケットの価格はここ数年上昇する一方だ。)

DTMアーティストの友人(アメリカ人)も、自らのネットレーベルを立ち上げて作品の音源を無料でネット配信しているが、目的はそれを聴いてライブに呼んでくれるファンを獲得し、世界中を旅して回るのが夢だと言っていた。
別に金銭的な成功を求めているわけではないし、ライブをやるのは小さな会場でも構わない。自分の好きな音楽をやり続け、これからの音楽業界を盛り上げていくためにはそれが理想的なんだとか。


日本の音楽業界よ、そろそろ目を覚ませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

VanHalen 3公演突然延期

Vhofficial20080303 Van HalenのUSツアー3公演が突然延期になってしまった。
3月3日のダラス公演にいたっては、公演の当日発表されるというまさにドタキャン・・・

ロイターのニュース報道も出ています。エディの体調に原因があるようですが詳細は不明。

中止ではなく延期というのがせめてもの救いと言えるかもしれないですが、これは来日公演はちょっと厳しい状況になってしまったか....despair


ヴァン・ヘイレン、エディーの医療検査で北米ツアー変更
2008年 03月 4日 12:39 JST

 [ロサンゼルス 3日 ロイター] ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」は、ギタリストのエディー・ヴァン・ヘイレンさん(53)が医師の検査を受けるため、現在行っているツアーの米国での日程を一部変更する。ツアー主催元のスポークスマンが3日に声明を発表した。

 ヴァン・ヘイレンさんは過去にがんの闘病やアルコールの問題を経験しているが、今回の検査については具体的な内容は明らかにされていない。

 声明は「医師によると、エディー・ヴァン・ヘイレンは、詳しい診断と必要な医療措置を見極めるため総合的な検査を受ける」としている。

 バンドは昨年9月から北米ツアーを行っていた。

http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-30629720080304




| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »