« FIATバレンタイン | トップページ | iPhoneケース by 伊右衛門 »

2009年2月22日 (日)

エリック・クラプトン&ジェフ・ベック 行ってきた!

行ってまいりました。
エリック・クラプトン&ジェフ・ベック 世紀の競演good

Ecjb01

午後4時前にはアリーナに到着。
ちょうど入場が始まったところで、すぐに場内に入りビールで前祝いを決め込む。

ジェフ・ベックは、もはや神の境地に入りつつありますな。。。

JBグループで今回注目だったのは、若干23歳の女性ベーシスト、タル・ウィルケンフェルド。もともとはギタリスト志望だったところ途中でベーシストに転向。ベース歴は5年そこそこだそうですが、もう驚愕としか言いようがありませんgawk

クラプトンは、じつはあまりよく知らなかったりするんですが、ギターサウンドがとにかく素晴らしかった。あんな音聴かされると、ストラト欲しくなっちゃいますねぇ。

そして2人のジョイントは・・・・いやいや、この伝説の2人の競演を生で見られただけで満足です。ブルースべたべたのサウンドにベックのあのギターがどう絡むのか? と、始まってしばらくは構えて見ていましたが、そこはやはりJB様。ベック節全開のまま見事にバンドサウンドを作り上げていましたよ。

会場で鮎川誠さんを見かけました。他にもたくさん芸能人の方々も来ていたようです。この方のブログにも記事が。

Ecjb02

2月21日(土)@さいたまスーパーアリーナ セットリスト

第1部:ジェフ・ベック
  THE PUMP
  YOU NEVER KNOW
  CAUSE WE'VE ENDED AS LOVERS
  STRATUS
  ANGEL
  LED BOOTS
  GOODBYE PORK PIE HAT / BRUSH WITH THE BLUES
  JEFF & TAL SOLO
  BLUE WIND
  A DAY IN THE LIFE
  PETER GUNN

第2部:エリック・クラプトン
  DRIFTIN
  LAYLA
  MOTHERLESS CHILD
  RUNNING ON FAITH
  TELL THE TRUTH
  QUEEN OF SPADE
  BEFORE YOU ACCUSES ME
  COCAINE
  CROSSROADS

第3部:エリック・クラプトン&ジェフ・ベック
  YOU NEED LOVE <Muddy Waters>
  LISTEN HERE - COMPARED TO WHAT <Les McCann & Eddie Harris>
  HERE BUT I'M GONE <Curtis Mayfield>
  OUTSIDE WOMAN <Cream>
  BROWN BIRD <Muddy Waters>
  WEE WEE BABY <Jimmy Reed>
  WANT TO TAKE YOU HIGHER <Sly & the Family Stone>



|

« FIATバレンタイン | トップページ | iPhoneケース by 伊右衛門 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

へー、すごく良かったんだね。
そのベーシスト話題の人でしょ、聞いてみたい。

今日の朝日新聞に鮎川さんのレビュー載ってたね。

じゃ、一日遅れだけど、Happy Birthdayhappy02

投稿: minmin | 2009年2月28日 (土) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69939/28305679

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・クラプトン&ジェフ・ベック 行ってきた!:

« FIATバレンタイン | トップページ | iPhoneケース by 伊右衛門 »