« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の4件の記事

2009年3月28日 (土)

新・荻窪麺屋ストリート 〈ちょっと亭・風味堂・せきば〉

ラーメンで一世を風靡した荻窪。最近はかつての活況はピークを過ぎた感があるものの、やはり荻窪で勝負してみたい。と考える人が多いのか、新しい店が出来ては消え、出来ては消えを繰り返している。
しかし、最近は"ラーメン"に限らずそのほかの麺類も美味しい店が出来ていて、麺好きの富士山的には嬉しいかぎり。

そこで今回はこのことぶき通り商店街〜八幡通りに抜ける、名付けて
"新・荻窪麺屋ストリート"。 荻窪駅に近い方から紹介していこう・・・

讃岐うどん 「ちょっと亭」 - 2010年9月閉店 -

Chottotei_ogikubo

オープンしてから10数年経つだろうか。
年配の夫婦お二人で切り盛りしていて、店構えは最近ちょっと疲れ気味かな?

しかし味はオープン当初から変わらずで、超一級と言える。
こんなに旨いうどんは食べたことがない。と言って過言ではない。

麺はご主人の手打ちでコシも十分。出汁も天然素材にこだわった入魂の一品。メニューにはそばもあるけど、やはりこの店のおすすめはうどんだ。温かいうどんも一級だが、ぜひ "冷たいうどん" を味わってみてほしい。lovely

調理の仕方が異常に丁寧なので、注文してから出てくるまでに時間がかかるのは止むなしと割り切りが必要である。間違っても「急いでるんですけど。」などと言ってはいけない・・・ この店を訪れる時は30分は待つ覚悟で行くこと。しかし待つ価値はある。たった30分であの気迫のこもった うどんが食べられるのだから。。。 夜ならビールでも頼んでちょっと一杯、と待つのが良いだろう。

この味でもし銀座にでも出店したら、かけうどん1杯 2,000円の値付けでも十分勝負できると思う。 ちょっと亭HP (寿通り商店街)

(詳細レポート)  Any Way You Want It - 讃岐うどんの名店 「荻窪 ちょっと亭」


中華そば 「風味堂」 - 2011年7月 国分寺に移転 -

Fumido_ogikubo

今年の2月にオープンしたばかりの新しいお店。

開店前の告知が貼ってあるのを見て、何かピンとくるものがあったのだが、まさに大当たり。個人的に大好きな和風だし醤油ベースのいわゆる東京風ラーメン。

何より感動したのは、5年前に店主が病気で亡くなってしまい閉店し、まさに幻となってしまった「めん家」を彷彿とさせる味であること。所謂あっさり系ゆえ、初めて食べた時のインパクトは強くないが、魚介系をメインに天然素材にこだわった 食すほどににじみ出るような深い味わい。やっぱりこういう味が何度食べても飽きなくていいな・・・

基本的には、たんたん亭系の味 といえば分かり易いだろうか。
ただ、あちらほど "おでんっぽくない" 味わいで、それもめん家風と言う所以である。ちなみにご主人はめん家のことは知らないそうです。

最近 "台湾らーめん" なる新メニューも登場し、告知や店づくりも若いご主人が色々考えながら試行錯誤している様子。まだまだ良くなるポテンシャルを持った今後の期待の新店である。happy01 風味堂HP

(詳細レポート)  Any Way You Want It - 新・荻窪スタンダード 中華そば「風味堂」


そば処 「せきば」

Sekiba_ogikubo

昨年の年末も押し迫った頃にオープンした、こちらも新しい日本そばのお店。

女性の店主がひとりで、そば打ちから調理までを全てこなしている。タイミングが良ければ、店の正面右の窓からそば打ちの光景が見られるだろう。

そばは、しっとりとしたこれぞ手打ち、という質感が好ましい。薬味がわさびではなく、刻みネギと胡麻、そして今の季節ということで辛味大根の3種類が付いてきた。個人的に日本そばにはワサビという常識にどうも納得できないので、このセンスは嬉しい。wink

基本メニューと言える、もりそばはボリュームかなり多めで580円。この本格手打ちそばがこの値段というのは嬉しい限り。訪問したのが昼だったので詳しいところは未確認であるが、お酒のメニューも色々と取り揃えてある様子で、その他のメニューもリーズナブルな値段なので夜に行っても楽しめそうなお店である。

荻窪麺屋ストリートMap  Powerd by Google

大きな地図で見る

B. 讃岐うどん・そば 「ちょっと亭」
住所: 杉並区天沼3-2-2 荻窪勧業ビル内  電話: 03-3391-8813
営業時間: 11:30-21:00  定休日: 日曜日

C. 中華そば 「風味堂」
住所: 杉並区天沼3-30-42  電話: 03-6795-5375
営業時間: 11:30-15:00/17:00-21:00  定休日: 月曜日

D. そば処 「荻窪 せきば」
住所: 杉並区天沼3-31-34  電話: 03-3220-3667
営業時間: 11:30-15:00/17:00-21:30  定休日: 水曜日

Nanairokomichi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

They made my Day!!!

いやー、、、あり得ない試合展開、そして最高の結末。
もう何も言うことはあるまい・・・・

Ichiro2009wbs

http://www.npb.or.jp/wbc/

2009wbcjapanteam

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

BOSSチューナー TU-12

ボスのチューナー TU-12がついに生産終了だそうだ。。。

My_boss_tu12

この、マイTU-12は発売された直後に購入し、愛用し続けていたもの。
1983年からということになるので実に26年選手!

やはりチューナーは針式が使い易い。
このTU-12は、その針式に加えてジャストチューニングを示す2つのLEDインジケーターを組み合わせて、感覚的な使い易さと確実な精度キープを両立させた当時画期的な新製品として発表されたのを見てどうしても欲しくなり、ギター貯金の一部を取り崩して即買いましたっけ。

当時はこのグレーの筐体を見て、「わざわざ作るのになんでこんな地味な色にすんのよ・・・」とかも思ったりしましたが、今見てみるとこのグレーにブルーのスイッチボタン+オレンジ文字盤&赤色LEDの組み合わせが絶妙ですなー...

まあ、ステージだとかでハードに使っていたわけではないので物理的に壊れるとかの可能性は非常に低かったのだが、驚くべきは現代のエレクトロニクス製品で26年間も全くモデルチェンジせずに存続していたプロダクトがあったということだ。(BOSSのコンパクトシリーズもそうだけど)

ずいぶん前から調子が悪くなっていて、チューニング完了の >< マークがうまく点灯しなくなっていたのだが、あまり使う機会がなかったのでずっと放置。6年ほど前にギター趣味が復活した際に新しいものを購入しようかと楽器店に足を運んでみたものの、全く同じモデルが現行品として売られているのを見て修理に出すことにした。数週間後、2000円くらいで完全復活して戻ってきたTU-12を手にしてつくづく感動し、現在に至るのだが。。。

後継となるニューモデルはTU-12EX

良さげじゃないですか! TU-12の正常進化版そのままという感じで。
まあこのTU-12、当分は現役が続くでしょうが、買い替えることになってもこれでひと安心、かな。

なお、
My_boss_tu12_2

26年前のTU-12は、Made In Japanでした!



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

iPhoneケース by 伊右衛門

iPhoneは、何も付けないでそのまま使うのが一番。

iPod時代から、シリコン製をはじめ色々なタイプのケースを使ってみたが、つまるところそこへ行き着く。触感さえもデザインされている、とでも言ったらよいのだろうか。タッチパネル式のiPhoneでは特にその感じが強いように思う。

とはいえ、鞄に入れている時に意図せず他の固いものと触れてしまうこともあるし、裸のままポケットに入れたりすると、何かの拍子にスルっと飛び出てしまいそうになるのもちょっと心配。

100円ショップの小物入れではあまりにも質感が低過ぎるし。。。
そんな時にコンビニで買ったお茶についていたおまけの豆巾着。

Iemon_iphone1

iPhoneを仕舞ってみるとこんな感じ。
Iemon_iphone2

これ、絶対企画担当者がiPhone使ってるとみた。
あまりにもぴったり過ぎ。

色は8色から選べる。予備にあと二つ三つ買っておくことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »