« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の3件の記事

2009年6月29日 (月)

エディが再婚。

エディ・ヴァン・ヘイレンが結婚!(再婚)、したそうです。

まあ去年の10月に報道のあったとおりで予定通りではあるんですが。
しかし、マイケルの訃報の2日後だったんですね・・・ まあ直接の関係はないとはいえ業界関係者も多かっただろうし、その辺りの影響はなかったんでしょうかね?

EdandjanieEddie Van Halen – in Flip-Flops – Weds Girlfriend
By Vicki Sheff Cahan
Originally posted Saturday June 27, 2009 10:30 PM EDT

http://www.people.com/people/article/0,,20288147,00.html

結婚式は、先週の土曜日の夜(6/27)、カリフォルニア・スタジオシティにある7エーカーのエディ所有の庭園で行われ、息子のウォルフガングがエディのエスコート役を務める中、100名余りの参列者の中には元妻のヴァレリー・バーティネリの姿もあったとの事。

式は午後7時から、ヴァン・ヘイレンの"When It's Love?"を生バンドが演奏する中、リズェウスキーさんが花道を歩んでくるという演出で始まったそうで、7時半からのディナーは何とノンアルコール!(喫煙はOKだったのだろうか...)

ディナー後のエンターテイメントでは、エディのリクエストでジョー・コッカーの"You Are So Beautiful"で始まり、続いてジェニーの選曲によるシンディ・ローパーの"Time After Time"に乗せて会場のゲストも加わりひと時のダンスタイム。

パーティ終了後、ゲストにはカルバン・クラインとケイト・スペードの花瓶とお花、そして昔ながらのキャンディと特別なプリントが施されたM&Mチョコレートが手渡されたのこと。

新婚旅行は、ニューヨークとドイツ、そしてエディの生まれ故郷であるオランダに行く予定だそう。

さ〜て、そろそろ本当に活動再開してもらわないと。。。
(女性ヴォーカリストとスタジオ入りしているというウワサも!?)

その他の写真はこちらで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

Van Halen Heartbroken Over Jackson

エディからの弔意のコメントが報道されていました。
http://www.tmz.com/2009/06/25/van-halen-heartbroken-over-jackson/

Rip_mj
  Van Halen Heartbroken Over Jackson
   Posted Jun 25th 2009 9:30PM by TMZ Staff

   He provided the rock guitar solo in Jackson's hit song "Beat It." TMZ has just heard from Eddie Van Halen on Michael Jackson's death:0625_evh_mj

   "I am really shocked; as I'm sure the world is, to hear the news. I had the pleasure of working with Michael on 'Beat It' back in '83 -- one of my fondest memories in my career.

   Michael will be missed and may he rest in peace."

   -Eddie Van Halen

「本当にショックだ。世界中の人々がそのニュースを聞いてそう感じただろう。1983年のBeat Itでマイケルと一緒に競演したことを本当に誇りに思っているよ。それは僕のキャリアの中で最も素晴らしい思い出のひとつさ。
マイケルがいなくなってしまうのは寂しいけど、安らかに眠れ。」

エドワード・ヴァン・ヘイレン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

追悼-マイケル・ジャクソン

またも訃報。しかも今回は超弩級のが・・・

マイケル・ジャクソンは特別に好きと言うわけでもないのであるが。。。

当時はHR/HM命だったもので、こんな軟弱なの聴けるかい! くらいが基本姿勢だった。しかし"スリラー"のPVをリアルタイムで見た時の衝撃はやはり忘れられない、というのが正直なところだ。

これ以降、確実に世界のROCK/POP MUSICのレベルが一段上がったものな。そのくらい影響力があった。昨日フジテレビの特番で久々に全編観たけど、これを超えるPVは、まあまず出てこないだろう、と改めて認識。

そして、"Thriller"以上に思い出深い1曲といえば、やはりこれだ。 

今夜はビートイット

何しろ、この曲のギターソロはエディ・ヴァン・ヘイレンが弾いているのである。happy02 さらに、バッキングのリフはスティーヴ・ルカサーという、もうこれ以上はあり得ないという贅沢な陣容だ。こんなの入ってたら、ギターキッズとしてはさすがに無視はできませんって... 脱帽でした。

MJのステージにEVHが飛び入りした時の貴重な映像 (ソロは2:30あたりから)

しかも、当時1982年に発売されたアルバム"Thriller"がずっとアルバムチャート1位に居座り続けたため、Van Halenのアルバム"1984"がジャンプ、パナマ、ホットフォーティーチャーと立て続けにシングルヒットが出たにも関わらず、アルバムとしては最高位2位に甘んじる結果になったという曰く付きの関係でもある。

もちろんEddie本人もそんな状況になることを予想していたわけではないだろうが、Beat Itのソロも一発でエディのそれと分かる個性に溢れたもので一切の手抜きナシ!(ちなみにノーギャラだそう) "1984"からの自身の曲とあわせて当時テレビの音楽番組でもエディのギターソロが連発されていたという、まさに絶頂期の時代だったのでした。

スリラー(紙ジャケット仕様) Music スリラー(紙ジャケット仕様)

アーティスト:マイケル・ジャクソン,クインシー・ジョーンズ,ロッド・テンパートン,ヴィンセント・プライス,ポール・マッカートニー
販売元:SMJ
発売日:2009/07/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

来月紙ジャケ版の一斉発売が予定されていたそうで....
今日は昨年買ったこれの25周年記念版聴いて過ごします。。。

マイケル、R.I.P.

エディからの弔意の報道が...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »