« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の4件の記事

2009年7月28日 (火)

エディ左手を手術!成功

think 先週末にニュースが出ていましたね・・・

初出はここですね。

Rslogo
Exclusive:
Eddie Van Halen Recovering After Hand Surgery
7/23/09, 3:02 pm EST

http://www.rollingstone.com/rockdaily/index.php/2009/07/23/exclusive-eddie-van-halen-recovering-after-hand-surgery/

日本語訳も出てます。
http://www.bounce.com/news/daily.php/20305

アルコール中毒に始まり、臀部手術、ガン、そして離婚と、この10年余りは不遇とも言える時を過ごして来たエディですが、ついに手、しかも指に障害とは...

まあ、手術成功とのことなので、とりあえずしばらくはゆっくり休養していただき、復活のステージは日本で!を期待しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

Ωスピードマスター& APOLLO月面着陸40周年

昨日テレビで見ましたsign01eye

Speedmastertvcm2009

Ω公式サイトTVCM

一介のスイス時計がテレビCMを打つなんて・・・ さすが月面着陸40周年。
気合い入りまくりってところでしょうか...

さて、こちらはMyスピードマスターです。

Speedmaster01

SpeedMasterは、初め例の自動巻モデルを購入したものの、やはり満足できず結局改めて手巻きのProを入手。

90年代初期のモデルで旧デザインの5連ブレス付き。ちょうど映画「アポロ13」が劇場公開された頃のモデルで機械式時計にハマりつつあったタイミングでもあり、思いっきり憧れてました。。。 微妙に黄変した立体感のあるトリチウム夜光インデックスが現行モデルにはない味わい深さをかもし出してます。

Speedmaster02

もはや汎用機と言っても差し支えないレマニア861ですが、やはり手巻きクロノグラフムーブメントは見応え十分。

この時代のシースルーバックモデルは、裏蓋に APOLLO XI の刻印入りというのもポイント高し。ムーンウォッチにこだわるなら、やはり耐磁性の高いインナーケース付きのノーマルバックでなければ!という考え方もありますが、まあべつに実際に月に行くわけじゃありませんし、そんな強い磁気にさらされる機会が多いわけでもないですし、機能性より審美性を優先して精緻なメカニズムを観察しながら宇宙への思いを馳せるというのも十分アリかと思ってます。

それにしても当時はこんなにデカい時計、一生縁は無いだろうな... と思っていたんですが、今やこのくらいはスタンダードサイズですな。。。

ストーリー性を持つ腕時計は数多くありますが、 「月に行った時計」
やはりこれを上回るものはあり得ないでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

荻窪ラーメン 新・スタンダード 中華そば「風味堂」

----- 追記 ------

何とも残念なことに。。。

2011年6月をもって荻窪での営業を終了、7月より国分寺に移転オープンしました。

今日は フジヤマ的イチオシのラーメン屋、風味堂@荻窪をご紹介。

Fumido01
今年の2月にコトブキ通り商店街にオープンした荻窪ラーメンとしては新しいお店である。

Fumido02

「味玉中華そば」

ラーメンという食べ物は、個人の好みで評価がはっきり分かれるものなので、最終的には自分で判断してほしいが、このそそるスープの色、チャーシューのまろやかな味わい、絶妙なゆで具合の半熟たまご、刻みネギも新たな荻窪スタンダードとしての資格十分。

前にも書いたが、5年前に店主が病気で亡くなってしまったため閉店し、まさに幻となってしまった「めん家」を彷彿とさせる味なのである。所謂あっさり系ゆえ、初めて食べた時のインパクトは強くないが、魚介系をメインに天然素材にこだわった 食すほどににじみ出るような深い味わい。やっぱりこういう味が何度食べても飽きなくていい・・・

基本的には、たんたん亭系の味 といえば分かり易いだろうか。
ただ、あちらほど "おでんっぽくない" 味わいで、それもめん家風と言う所以である。ちなみにご主人はめん家のことは知らないそうです。

Fumido03

こちらは開店して間もなく追加された新メニュー「台湾らーめん(味玉入り)」

スープのベースは「中華そば」そのもので、唐辛子と肉そぼろ、そしてニラともやしのトッピングで爽やかな辛さの一杯に仕上がっている。辛いラーメンというと思い浮かぶのは、担々麺なわけだが、これはそれとは全く違うタイプ。いわゆる辛ブーム的なものに乗って香辛料を追加しただけのものではなく、スープのダシを生かしつつバランスを考えた上で味付けや具のボリュームもきっちり調整されている一品。

フジヤマ的には毎回食べるメニューではないが5回に1回くらいのペースでこれを注文する。シメはお店のお勧めどおり白飯をスープに投入し、ぞうすい状態で食べるのが正解。

Fumido10

そして最近登場した「つけそば」。

あえて"つけ麺"と呼ばないそうで、一般的なつけ麺よりはやや酸味を押さえ気味にして出汁のテイストを大事にしている感じ。個人的にあまりつけ麺系は詳しくないのだが、スープの具や麺のボリューム(普通の中華そばの1.5倍)も適切なバランスで、汁そば系のメニューとローテーションでも違和感なく食べることができる。

Fumido04

サイドメニューの風味堂シューマイ。

肉の味わいが非常にイケる。ラーメンスープとのマッチングも極めて良好。ラーメンのサイドメニューというと餃子が一般的だが、個人的にあれはあまり好きではない。

なぜなら醤油と酢の強い刺激でせっかくのラーメンの味わいが損なわれてしまうので。不味いラーメンをごまかしながら食べる時であればその方がいいんですけど・・・ 値段が250円(ランチセットだと+200円)と極めてリーズナブルなのも嬉しい。

Fumido05

店内カウンターの様子。

Fumido06

ちょっと目立ちにくい立地なので集客には色々工夫を凝らしているのがわかる。
ご主人も色々と頭を悩ませているようで、通るたびに看板のメッセージが変わっている。

Fumido07

店内マップ。

テーブル席は正直なところ4人座ったらかなり窮屈。
もう少し幅広のテーブルにすれば、ゆったりできるのでグループでも入りやすくなるかも?

Fumido08

風味堂 中華そばのプロフィール (クリックで拡大)

Fumido09

ある日の看板。

個人的な希望としては、「ワンタン麺」をぜひメニューに追加してほしい。具にエビとかは入れずに是非ストレートな挽肉ワンタンで。ここのスープであればマッチングは最高。餡を多めにして食感の良いものにすれば非常に満足度の高いメニューになること間違いなし。ぜひ検討を!


大きな地図で見る

 中華そば 「風味堂」
住所: 杉並区天沼3-30-42  電話: 03-6795-5375
営業時間: 11:30-15:00/17:00-21:00  定休日: 月曜日

風味堂ホームページ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

ブラックベリーを試用してみた。

ブラックベリーを1週間ほど試用する機会がありました。

企業のPCメールサーバーと同期してメール閲覧ができる携帯端末として、欧米ではビジネスマンに大人気のBlackBerry。iPhone 3Gが登場してMicrosoftのExchangeに対応した今となっては、特別な優位性でもなくなりつつありますが、実際のところどんなものなのか?

企業ユースのデバイスとしてシステム管理的な観点からのメリットは、ここでは置いておいて、ユーザー視点での評価としてみたいと思います。

Blackberry

QWERTY配列のハードキーボードは、このモデル(BOLD)から微妙な傾斜を付けたりして良く出来ている。操作のメインとなるトラックボールの操作性も悪くない。

しかし、、、トラックボールとその左横のメニューボタンの組み合わせでほとんどの操作を行うのですが、メニュー構造が解りづらいのと日本語表現のまずさで、かなり慣れが必要な端末に仕上がっています。特に機能設定(メールの着信通知とかサーバーとの同期パターンの設定とか)の解りづらさと言ったら、それはもうかなりのものです。

アプリケーションもいくつか搭載されてはいますが、あまり期待しない方がいいです。

まず、マップは全く論外のレベルです。これで何をどうしろと言うのか?
ウェブブラウザもかなり不安定で、テーブル構造を持ったウェブページでカーソルの移動に問題があったり、ページに埋め込まれたボタンをクリックしても反応しないなど、短い使用期間でしたがいくつか不具合に遭遇しました。まあ、アプリケーションについてはデフォルトの状態では使い物にならないと考えておいたほうがよいでしょう・・・

メールは、Exchange連動で使ってみましたが、ほぼリアルタイムでプッシュ配信されるのはiPhone同様で非常に便利。しかし受信メールと送信済みメールが一緒くたになって一つのフォルダに表示されるというのは少し違和感を感じた。 おそらく設計者の意図としては、「メールツールとしてメインに使用するものではなく、あくまで外出時などの短時間で効率的にメールチェックする補助的なもの。」というコンセプトなんでしょう。

マニュアル操作で都度、表示対象フォルダを選択すればそれぞれを整理して見る事はできるんですが、シンプルにフォルダ選択して見たいものを見る、というアクションがとれないのはちょっとストレス感じるかも。

現在サードパーティから提供されている無料で使用可能なBB用アプリケーションは、今のところこんな感じで寂しい限り。Navitimeは即インストール必須でしょう。実際には試していませんが、ウェブブラウザはOpera Miniあたりを入れるとかなり快適に使えるみたいです。

携帯端末としての使い勝手はiPhoneとは比べるべくもありません。
とは言え、電話とメール閲覧+αの機能は満たしているのでビジネス目的の使用と割り切るならば、大きな不都合はないでしょう。逆に余計なことが出来ないのでiPhoneのように遊びに走る可能性が無く、仕事に集中できるのはメリットと言えるかも。

Blackberry2

外装の質感は悪くはない。

マイクロサイズのキーボードが整然と並び、バックライトに照らし出される様は、iPhoneにはないメカニカルな雰囲気・・・ デジタルガジェット好きには、かなりたまらないものがあるかもしれません。

一方で背面カバーパネルのクリアランス設計が甘いのか、キーボードをプッシュするたび全体的にギシギシするような感触があり気になります。せっかく背面パネルをレザー調の表面仕上げにして触感まで配慮しているようなので、どうせこだわるのであれば徹底的にやってほしいものです。

まあ、早い人なら3日も使えば慣れるとは思います。
会社から持たされるのであれば...悪くはないかも・・・持てば仕事の効率化には間違いなくプラスになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »