« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の3件の記事

2011年1月24日 (月)

ポータブルGPS 新旧比較

先日購入した、カロッツェリアのPND、エアーナビ AVIC-T05II。   

    Avict05_w300

で、こちらは10数年前に入手したポータブルGPS。
(「ナビ」ではない)

Pokenavi

アブ・ガルシアのキャンペーン賞品で当たったものなので、正確は値段はわかりませんが確か4万円くらいする物だったと思う。

湖上でのポイントの記録に使ってみたりしましたが、わざわざ使うほどメリットのあるものじゃなかったです... 今で言うデジタルコンパス程度の感じでした。

まあ、元々比較すべき物じゃないんでしょうけど。

これがほぼ同じ値段で手に入るようになったというのは、やっぱり凄いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

カーナビ実走行比較!『楽ナビ vs エアーナビ』

クルマを乗り換えることになり、新しい車に積むカーナビはポータブルタイプにすることに決定。

これまでにカーナビは通算3台、いずれも据え付け型の機種を使ってきましたが、毎年のように性能アップした新型が価格的にも安くなって登場してくる最近の状況では、さんざん悩んだ末に選んだ高価な機種も2〜3年後には物足りないものになってしまう可能性も高い。

そんなわけで、少し前から漠然と「次買う時はPNDでいいかな。。。」 と考えていたのですが意外に早くその時がやってきました。

ソニーのnav-u、サンヨーのゴリラ(しかしこのネーミングは何とかならんのか...)、パナソニックのストラーダなど、主要機種のカタログを集め、カー用品店で実機もいじったりして、最終的に購入したのはパイオニア・カロッツェリアのエアーナビ AVIC-T05II です。

今まで乗っていた車で同じカロッツェリアの楽ナビを使っていて、その性能に満足・信頼していたということもありましたが、あえてエアーナビを選んだ決め手は通信機能。3G回線の常時接続が月額固定の525円で使えるというのは、やはり魅力でした。

本日、通信モジュールのセットアップを完了し、楽ナビとエアーナビを2台並べて全く同条件で走行してみるという比較テストを行ってみましたので、その結果を報告します。

Navicomparison

テスト用のセットアップはこんな感じ。
楽ナビは、3年前に購入した2007年モデル AVIC-HRZ008 です。

走行条件は、日曜日の夕方、都内の幹線道路・住宅街を交えておよそ2時間、数カ所の経由地を設定して、誘導ルートの比較や渋滞情報の反映をチェックするというものです。

【液晶モニターの視認性】

まずは、実際に車載で使ってみて一番気になるところである視認性。

今回、モニタサイズが7.0インチ→4.8インチとかなり小さくなるので、店頭で実機を見て一応納得していたとはいえ、ここはかなり気になるポイントでした。

結果的には、インチダウンによってモニタサイズは3割以上小さくなる一方で、解像度的には 480x234pixel→800x480pixel というほぼ2倍相当の性能アップを果たしているせいか、見にくさを感じることは無し。

LEDバックライトの効果も相まって非常に見易いディスプレイ環境を実現していると思います。

【走行経路のトレース精度】

走り始めは、エアーナビが道路外をプロットする状況に。
しかし数分走ると正しく修正されました。

おそらくGPS測位の完了とジャイロセンサー&加速度センサーの学習効果が働いた結果でしょう。その後は、軌道を逸脱することもなく、「楽ナビ」とのズレもだいたい10m程度の範囲内で収まっており、実際に走行していて不具合を感じることは全くなし。

【方向転換時の画面回転】

これについては、楽ナビの方が優る結果となりました。

交差点を曲がった後に画面の向きが変わるのがエアーナビはワンテンポ遅れます。しかし、実使用では全く問題にならないレベル。

一方、途中でショッピングビルに立ち寄ったのですが、地下3階の駐車場までグルグルと旋回して降りる間にエアーナビは方向を見失い、あさっての方向を向くようになってしまいました。その後、買い物のために一度電源を落として出発時に電源再投入、走行を再開した後は、まったく方向転換が働かず、地上に出るまでナビ画面はロック状態でした。

【交差点での2画面切替えと音声案内】

これは全く互角の性能と言える。

同じカロッツェリア製品ということで、地図データやソフトウェアが基本的に同じものということもあるのでしょうが、ほとんど同じタイミング・同じ内容で指示を出してきました。音声案内はエアーナビのほうが高頻度。(かといって楽ナビの指示に不足を感じることは無いレベル)

指示のタイミングは微妙にズレがあるのですが、毎回楽ナビのほうが早いとか、パターンが決まっているわけではなく、時によってエアーナビの方が早かったり、楽ナビの方が早かったりとまちまちでした。

・・・じつは実際使ってみるまで、「PNDは反応が鈍くて指示が出る前に曲がるべき交差点を通り過ぎってしまった、なんていう事があるのではないか?」 と、チョット心配していたのですが、エアーナビのそれは楽ナビより遅れて指示が出る場合でも十分間に合うタイミング。単なるとりこし苦労に終わる結果となりました・・・

【ルートの引き直し】

途中、何回か意図的に誘導ルートを外れて走ってみました。

これも、「PNDの方がルートの引き直しにかかる時間が長くかかるのではないか?」という先入観を持っていたのですが、全くそんなことはナシ。ほぼ同時のタイミングで修正ルートを検索し、指示出してきました。

ただし、ルートは2機間で異なる場合もあり、これは2台のハードウェア性能の差というよりは、通信機能による情報処理結果の違いと思われます。

【渋滞考慮オートリルート】

楽ナビは、途中何回か渋滞考慮オートリルートの通知を出してきました。一方、エアーナビの方は、リルート通知は1回も出しませんでした。

こればかりは、どちらが正しいのか検証のしようがありませんが、楽ナビはVICS+過去蓄積された日時予測データに基づくガイド、エアーナビは5分間隔のスマートループ プローブ情報に基づく案内、ということでエアーナビに分があるものと信じたいところ。

今回は、エアーナビの誘導に従って走行しましたが、実際渋滞に遭遇することはありませんでした。

【総括】

購入前は、ポータブルナビは、自律航法の性能差や車速パルス等の取得情報の違いで、やはり据え付け型ナビよりも劣るのではないか? という推測をしていたのですが、それは、あっさり裏切られる結果となりました。

事前に意見を聞いたカー用品店の店員さんも、「ポータブルタイプはやはりそれなりですね。特に楽ナビから換えると、何だ、こんなもんか...orz、と感じると思いますよ。」と言っていたのですが、全然そんなことは無し。

一般路のみ、2時間余りの短時間の検証ということで絶対的な評価とは言えませんが、少なくとも今回の走行条件下でナビゲートについての不具合や、据え付け型との比較で不足を感じることはありませんでした。

唯一のマイナスポイントはGPS電波が届かない地下駐車場での方向指示が挙げられますが、そもそも地下駐車場でナビを頼りにするシチュエーションはあまりないと思われますので、これは総評としてマイナスポイントになるものではありません。

(6月5日追記)

その後あちこち走り込んでみましたが、前述のとおりGPS電波の届かない場所、つまりトンネルとかでは、ナビ機能が完全停止状態です。

トンネル内で分岐があるところはそう多くないので個人的には別に困りませんが、首都高を初めて走る場合とかは少し困るかもしれません。あと、トンネルを出てすぐの高速出口や交差点なんかも指示が間に合わない可能性はありますね。

また、高速道路と並行している一般道を走ると、高速道路に乗っているものだと判断して、出口に誘導する指示を出したり、その逆に高速走行中なのにインター付近で突然左折の指示が出たり(一般道を走っていると認識して、高速に乗れという指示らしい)とか、限られた条件下でいくつか甘い点があることがわかってきました。

先月発表された新機種では、ソフトウェアのアルゴリズム改善で自車位置の精度向上が図られているとのこと。 ソフトウェアで改善できるのなら、旧機種もバージョンアップしてくれれば良いと思うのですが。

 関連情報: 2011年6月 5日 (日) エアーナビ SDカード更新通知が来たが...

                                              ###

今回は高速走行を試していないので、そこは今後の検証テーマとして宿題になるところかと思いますが...

結論として、テクノロジーの進化はすごい!

これに尽きると思います!!

何しろ、わずか3年前の据え付け型ナビと比較して購入価格ベースおよそ5分の1の値段でこの性能が手に入るというのは驚きに値する、、、
気になる通信コストも初期費用2,835円+月額固定の525円ですから、2年縛りのフル期間でもトータルコストは 15,435円。ナビ本体価格と合計して考えても、まあ選択の余地なしと言ってよいのではないでしょうか。

とはいえ、ちょっとした反応の遅れが気になったり、極めてハイレベルに洗練されたAV機能がほしい、と考えているなど、実用範囲を超えたところでの絶対性能を求める方は、素直に据え付け型の楽ナビなりサイバーナビなりを購入した方が幸せになれると思います。

と・・・ しかし、ここで気になる情報が!

エアーナビ 通信サービス料金改定のお知らせ (2011年1月19日)

なんと、AVIC-T07/05シリーズの月額525円定額制申し込みの受け付けは、今月末2011年1月31日で終了してしまうのだそう。。。 T-05II購入前に店頭に置いてあった定額制の案内チラシにはそんなこと一言も書いてありませんでしたが、本体購入後の同梱チラシには確かに小ーさい文字で書いてありました。

去年の10月に定額制導入の発表があってからわずか3ヶ月... ちょっと早過ぎるような気が...

とにかく残された時間は、あと1週間余り・・・ エアーナビの購入、特に定額通信制を狙っている方は、急いだ方が良さそうです。



Pioneer carrozzeria Air navi 4.8型ワイドVGAメモリー通信ナビゲーション シルバー色 AVIC-T05-2-SV CE Pioneer carrozzeria Air navi 4.8型ワイドVGAメモリー通信ナビゲーション シルバー色 AVIC-T05-2-SV

販売元:パイオニア
発売日:2010/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Pioneer carrozzeria Air navi 4.8型ワイドVGAメモリー通信ナビゲーション プレシャスグリーン色 AVIC-T05-2-GR CE Pioneer carrozzeria Air navi 4.8型ワイドVGAメモリー通信ナビゲーション プレシャスグリーン色 AVIC-T05-2-GR

販売元:パイオニア
発売日:2010/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Pioneer carrozzeria Air navi  5.8型ワイドVGAワンセグ対応メモリー通信ナビゲーション AVIC-T07-2 CE Pioneer carrozzeria Air navi  5.8型ワイドVGAワンセグ対応メモリー通信ナビゲーション AVIC-T07-2

販売元:パイオニア
発売日:2010/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

V. ロッシのnewサブマリーナ

さてさて・・・ 今日はついにイタリア、マドンナ・ディ・カンピリオでMotoGP ドゥカティ ワークスチームのプレス発表会が行われる。

第一報として報じられたバレンティーノ・ロッシの記事がこれ。
http://www.motogp.com/ja/news/2010/Wrooom+2011+event+preview

Rossiwsubmariner

アロンソとのツーショットを拡大写真を見てみると・・・・ こりゃ〜、どう見ても new サブマリーナデイト Ref.116610

まあ、ROSSIは以前からロレックスの時計は好きなようで、ノリックとの対談DVDでも黒文字盤のエクスプローラIIを着けておりました。

数年前に発売された、ジャガー・ルクルトのこのモデルはどうやらただの名前貸しだった線が濃厚ですね... 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »