« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の2件の記事

2011年5月11日 (水)

ハンティングシャフト・ボロン 1990年代の名竿

90年代の名竿シリーズ、第2弾。

マミヤオーピーのハンティングシャフト・ボロンです。

Hbs601l01

高感度全盛の時代にあって、ボロン素材を採用するかどうかということは、各メーカー頭を悩ませていたテーマだったと思います。

ボロンをコンポジットすれば、感度は上がる。しかし重量も上がる、さらに値段も上がる。。。

ボロンコンポジットの代表モデルといえば、エバーグリーンのコンバット・スティック、そしてウエダのPro4などがありましたが、いかんせんそれらはお値段もなかなかなものでした...

そんな中でマミヤオーピーから登場したシリーズ、「ハンティングシャフト・ボロン」。定価ベース 2万円台で手に入るシリーズのバスロッド。

揃えましたよ・・・

ベイトロッド3本にスピニングロッド2本を手に入れ、毎週のように霞ヶ浦や津久井湖に繰り出していた時代。

いやぁ、いいロッドでした。

ボロンは金属(タングステンファイバーにホウ素を蒸着させたもの)なので、正に金属的なハリが感じられ、やはり感度という点では段違いのものがありましたし、固いロッドを使うことによって得られるストラクチャー周りの感触は、必ずしも釣果に結びついたわけではないものの、経験として得られるものは多かったように思います。

現在手元に残っているのは、この1本だけになってしまいました。

Hbs601l02

HBS-601L

エキストラファーストテーパーの6ft スピニングモデル。
当時大流行りの常吉リグはもちろん、ジグヘッドや1/32oz+4インチワームのテキサスリグなどで一番使い込んでいたロッドです。

ただ、このロッド。やはりブランクスが重い。
さらにグリップが短めなこともあって、かなり持ち重り感が大きかったのです。

Hbs601l03

そこで試したのが富士工業のニューコンセプトバランサー。
現在は、エコノミーウェイトバランサーキャップ(EWBC)として販売されているものです。

ハンティングシャフトシリーズはバット部分がEVAで補強されていたので、その部分をちょこっと整形加工して、接着剤で固定。

いやいや、これほどまでにバランスの良いロッドになるとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

アブ・ガルシア ホーネット 1990年代の名竿

90年代のバスフィッシングブームが懐かしい・・・

その時代に、我が相棒として大活躍してくれたバスロッドを紹介する。

アブ・ガルシアのホーネット。

Abu_hornet661l_01

当時は、各メーカーからまさに雨後のタケノコのごとく、ハイパフォーマンスなバスロッドが発売されていた時代だった。

しかし、それらはお値段もご立派なもので定価ベースで3万円代後半から4万円台がアタリマエ、物によっては5万円を超えるという、ちょっと簡単には手の出ないシロモノ。

そんな中、マミヤオーピーから発売されたABU-GARCIAブランドのロッドがこれ。

富士工業のTBSハンドルにコルクグリップ、SiCガイドをニューコンセプトガイドで装備、グリップと分割可能なワンピースブランクス。それでいて、お値段は1万円台で購入できるという、ヤングバサーの強い味方であったのだ。

このモデルを気に入った一番の理由は、その当時はちょっと手が出なかった(笑)ノリーズ・ロードランナーと同型のグリップが装着されていること。

TBSハンドルは元々TIFAが自社製品用にと富士工業と共同開発の形でオーダーし、その後一般にも供給されるようになったものらしい。あの、グランドスラムにも採用されていましたものね。

Abu_hornet661l_02
チョイスしたモデルはHC-661L。
6.6フィートのライトアクション ベイトキャスティングモデル。
1/4oz〜3/8ozくらいのテキサスリグや、シャロークランク、小型のバイブレーションプラグに大活躍。

Abu_hornet661l_03
ガンメタ塗装フレームのSiCガイド

Abu_hornet661l_05

このロッドには、霞ヶ浦に通っていた頃にトコトンお世話になったな。。。
決して、超高性能なロッドではなかったけど、軽くて感度も良好、バランスが良くてオールマイティに使えるので、とりあえずこれ1本持っていけば、どんなシチュエーションでもまず困る事はないという1軍ロッドでした。

最近は、すっかり出番がなくなってしまったけど、思い出の1本であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »