カテゴリー「携帯・デジカメ」の3件の記事

2012年5月21日 (月)

コンパクトデジカメで金環日食を撮影する

昨年12月の皆既月食に続いて、世紀の天体ショー。
(写真をクリックすると拡大表示します)


5月21日 午前7時10分
6時台は一面真っ白だった空から所々青空がのぞく。
20120521_071039

午前7時14分
ピンホールで欠けを観察
20120521_071409

午前7時26分
間もなく金環!
20120521_072623

午前7時33分
辛うじて捉えた金環日蝕の瞬間。
この後、雲のかたまりが流れてきてしまい、観察不能になってしまいました・・・
20120521_073334

今回大いに役立ったiPhoneアプリ「金環食2012」です。
AR機能で太陽の方角や軌跡まで分かるという至れり尽くせりの優れモノ。
iPadの拡大表示でカウントダウンモードにしておいたら、状況がよく分かりました。
20120521_084651

午前8時48分
食の光景もあとわずか...
20120521_084805

日食は終了しました! sun sun sun
20120521_090315

今回の写真は、手持ちしたコンパクトカメラに遮光グラスを当ててテキトーに撮影したものです。やはり手持ちだと全然ダメですね・・・ カメラも直射日光で故障するかもしれない、ということで引退していたフジのFinePix F-11という古い機種。

まあ、決定的瞬間はニュースサイトでいくらでも見られますから、個人的な記念ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

コンパクトデジカメで皆既月食を撮影する

めったに無い機会ということで、皆既月食を撮影してみました。
(写真をクリックすると拡大表示します)

12月10日 午後8時12分
月食が始まる1時間半前
Moon_20111210_2012

午後9時51分
少し雲が出てきてしまった
Moon_20111210_2151

午後9時58分
欠け始めたのがはっきり分かるようになってきた
雲の影響で光が拡散気味
Moon_20111210_2158

午後10時00分
陰がわかり易いのは雲のおかげかも
Moon_20111210_2200

午後10時02分
雲の流れが速い。月食本番というところでタイミング良く快晴状態に!
Moon_20111210_2202

午後10時48分
赤い月の出現
Moon_20111210_2248

午後11時01分
じわじわと太陽と地球の裏側へ
Moon_20111210_2301

午後11時06分
しばらくの間、さようなら...
Moon_20111210_2306

12月11日 午前0時08分
およそ1時間経過、再びこんにちは
Moon_20111211_0008

午前0時17分
じわじわと輝きを増す
Moon_20111211_0017

午前0時20分
皆既から復帰し始めたら、なぜかフォーカスが合いづらい
Moon_20111211_0020

午前0時32分
どうもこの辺りが限界...
Moon_20111211_0032

全ての写真は リコーのコンデジ Caplio R7 を三脚に固定し、セルフタイマーで撮影。

光学7.1倍ズーム(200mm相当)は最大にセット、何枚かはデジタルズームでさらに×2にしています。シーンモード設定は夜景モードでF値5.2、シャッタスピード1秒、そしてフォーカスをスポットAFモードに変更。

コンパクトデジカメでもこれだけ撮れるとは驚きです。happy02 camera

今までデジカメのモード切り換えなんて、ほとんど使ったことありませんでしたがちょっと設定をいじるだけで結構イケますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

ブラックベリーを試用してみた。

ブラックベリーを1週間ほど試用する機会がありました。

企業のPCメールサーバーと同期してメール閲覧ができる携帯端末として、欧米ではビジネスマンに大人気のBlackBerry。iPhone 3Gが登場してMicrosoftのExchangeに対応した今となっては、特別な優位性でもなくなりつつありますが、実際のところどんなものなのか?

企業ユースのデバイスとしてシステム管理的な観点からのメリットは、ここでは置いておいて、ユーザー視点での評価としてみたいと思います。

Blackberry

QWERTY配列のハードキーボードは、このモデル(BOLD)から微妙な傾斜を付けたりして良く出来ている。操作のメインとなるトラックボールの操作性も悪くない。

しかし、、、トラックボールとその左横のメニューボタンの組み合わせでほとんどの操作を行うのですが、メニュー構造が解りづらいのと日本語表現のまずさで、かなり慣れが必要な端末に仕上がっています。特に機能設定(メールの着信通知とかサーバーとの同期パターンの設定とか)の解りづらさと言ったら、それはもうかなりのものです。

アプリケーションもいくつか搭載されてはいますが、あまり期待しない方がいいです。

まず、マップは全く論外のレベルです。これで何をどうしろと言うのか?
ウェブブラウザもかなり不安定で、テーブル構造を持ったウェブページでカーソルの移動に問題があったり、ページに埋め込まれたボタンをクリックしても反応しないなど、短い使用期間でしたがいくつか不具合に遭遇しました。まあ、アプリケーションについてはデフォルトの状態では使い物にならないと考えておいたほうがよいでしょう・・・

メールは、Exchange連動で使ってみましたが、ほぼリアルタイムでプッシュ配信されるのはiPhone同様で非常に便利。しかし受信メールと送信済みメールが一緒くたになって一つのフォルダに表示されるというのは少し違和感を感じた。 おそらく設計者の意図としては、「メールツールとしてメインに使用するものではなく、あくまで外出時などの短時間で効率的にメールチェックする補助的なもの。」というコンセプトなんでしょう。

マニュアル操作で都度、表示対象フォルダを選択すればそれぞれを整理して見る事はできるんですが、シンプルにフォルダ選択して見たいものを見る、というアクションがとれないのはちょっとストレス感じるかも。

現在サードパーティから提供されている無料で使用可能なBB用アプリケーションは、今のところこんな感じで寂しい限り。Navitimeは即インストール必須でしょう。実際には試していませんが、ウェブブラウザはOpera Miniあたりを入れるとかなり快適に使えるみたいです。

携帯端末としての使い勝手はiPhoneとは比べるべくもありません。
とは言え、電話とメール閲覧+αの機能は満たしているのでビジネス目的の使用と割り切るならば、大きな不都合はないでしょう。逆に余計なことが出来ないのでiPhoneのように遊びに走る可能性が無く、仕事に集中できるのはメリットと言えるかも。

Blackberry2

外装の質感は悪くはない。

マイクロサイズのキーボードが整然と並び、バックライトに照らし出される様は、iPhoneにはないメカニカルな雰囲気・・・ デジタルガジェット好きには、かなりたまらないものがあるかもしれません。

一方で背面カバーパネルのクリアランス設計が甘いのか、キーボードをプッシュするたび全体的にギシギシするような感触があり気になります。せっかく背面パネルをレザー調の表面仕上げにして触感まで配慮しているようなので、どうせこだわるのであれば徹底的にやってほしいものです。

まあ、早い人なら3日も使えば慣れるとは思います。
会社から持たされるのであれば...悪くはないかも・・・持てば仕事の効率化には間違いなくプラスになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)